会員

クレジットカードの審査内容とは

クレジットカードを発行してもらうには、審査が必要です。
審査に落ちても、理由はわかりますが、見られるポイントを知っておくと、
自分が発行できるか、否かの目安になりますよ。
収入がある程度かいと作れないイメージがあると思いますが、
学生や主婦が持てるクレジットカードというのもあります。
クレジットカードは、後払い決済です。
購入代金の不払いが起こる可能性があるので審査が必要になります。
返済能力があるか。という審査がメインになります。

審査基準は、特に「年齢・職業・年収」で審査されます。
与信という入会申し込みに記入された情報を基準に点数化され、
基準に満たないと、審査に落ちてしまいます。

最終的な判断は、信用情報機関への調査結果と一緒に、判断されます。
信用情報機関は、申込者個人の信用情報
(クレジットやローンの履歴、他社からの借り入れ状況、過去のカード履歴など)を持っている機関です。
この信用情報機関の情報を使って、カード会社は申込者のローンの内容や支払い残高、
支払い遅延の存否、など、個人情報を審査します。

以上の基準によって入会の可否が決まります。
ただ、審査の基準は様々で、カード会社によって違いますが、
銀行系のカード会社は審査が厳しくなっています。
勤続年数が多い居住年数が長い、過去のクレジットカードのお支払が良好
という人が審査に通りやすいのです。

以上から考えると、よく言われるように審査に通りやすいのは
サラリーマンや公務員だというのは間違いありません。

特に、自営業やフリーターなどの収入が不安定な方は通りにくいといわれています。
現在サラリーマンなど収入が安定している方は、今のうちに作っておくといいと思います。

過去にクレジットカードや借金など事故歴がある方は、通らない。と思った方がいいです。
身近なものだと、携帯電話の本体の分割が出来なくなることも。

クレジットカードは、借金です。身の丈にあった使い方でかしこく使いましょう。
くれぐれも使いすぎて払えない・・・。
なんてならないように注意しましょう。
もし、払えない場合、リボ払い等に事前に変更しましょう。
各クレジット会社ごとの特長比較サイトがありましたのでご利用ください。